Saison d'Eriko × mirabella

ミラベラで見つけた「45歳から買うべき服」
私のおしゃれStyle

ミラベラ(mirabella)は、世界中の最新コレクション・ブランドからセレクトした商品を正規に通販する
オンラインのデザイナーズ・セレクトショップです。
今回は180以上扱っているブランドの中から大人の女性のカジュアルシーンを
上質に楽しく、センスよく、私のワードローブにもプラスしたい、そんなコーディネートをご紹介します。
パリのブランドは、展示会の買い付けに同行して選びました!

  • Saison d'Eriko × mirabella ミラベラで見つけた「45歳から買うべき服」私のおしゃれStyle
  • Saison d'Eriko × mirabella ミラベラで見つけた「45歳から買うべき服」私のおしゃれStyle
  • Saison d'Eriko × mirabella ミラベラで見つけた「45歳から買うべき服」私のおしゃれStyle

「セゾン・ド・エリコ」Vol.6(扶桑社)ファッション撮影/水田 学(NOSTY)

「セゾン・ド・エリコ」Vol.6(扶桑社)
 ファッション撮影/水田 学(NOSTY)

  • THE ROW
    ― From New York ―

    THE ROW

    シンプルながら女性の美しさを引き出すデザインに定評がある「ザ・ロウ」。全体のAライン、ブラウスの衿ぐりやデコルテ、袖などきれいなフォルムにこだわっています。「パリで暮らして気がついたのは、日本人の黒髪、肌の色こそ、白がすっきり着こなせるということ。背筋を伸ばして着こなしたいですね」。透けそうで透けない、選び抜かれた布地は何度着ても肌触りと心地よさ、そしてエレガントなきちんと感を漂わせています。

    ザ・ロウ

    2006 年、アシュリー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセン姉妹により始められた「ザ・ロウ」。当初はロサンゼルスをベースに、その後ニューヨークに拠点を移して活躍。ロンドンの名門紳士服店が並ぶストリート「サヴィル・ロウ」に敬意を表して名付けたこだわりで、優れた素材、完璧なディテールやフィット感などオーダーメイドの老舗と同等の品質を定番としています。 自由に着こなせるように、シンプルなデザインの持つ強さを追求しながら、より高いレベルで作り上げているラグジュアリーブランドです。

    THE ROW

  • AALTO
    ― From Paris ―

    AALTO

    「モードな装いにしたいときは、一見着こなすのが難しそうなデザインをいつものコーディネートに加えたりします」。アールトは、そんなおしゃれ心を刺激する品揃え。年齢にこだわらず着てほしいというメッセージが伝わってきます。光沢とニュアンスがあるクロップトパンツは、ゴムのウエストでもきちんとした印象。あえてウエストを出して着こなして。「別々に着るならTシャツには赤いヒール、パンツには薄手の白ニットを合わせてみたい」

    アールト

    ブランド名はフィンランド語の“波”が由来。デザイナーの出身地であるフィンランドのカルチャーや伝統をミックスした表現が新しい、注目のブランド。デザイナーは、現ルイ・ヴィトン・メンズチームでデザインをしているトーマス・メリコスキ(Tuomas Merikoski)。毎シーズン予定している写真家とのコラボレーションは、ブランドをより強く表現し、ファッション・デザイン・アートの新しい価値観を提案しています。

    AALTO

  • MUVEIL
    ― From Tokyo ―

    MUVEIL

    「これまでパリッとした白シャツとパンツが私の定番だったのですが、最近は少し甘めのスタイルに心惹かれています」。衿元に立体的な花の刺繍が入ったシャツは、白やデニムのパンツと組み合わせても。ふわっとしながらも切り替えが大人っぽいチュールのスカートは、カジュアルにもフォーマルにも合うデザイン。バレエシューズのブランド、レペットとコラボした猫がモチーフの靴は、シンプルな装いやコンサバティブな装いのアクセントに。

    ミュベール

    東京コレクションやパリの合同展示会など世界的に注目を集めた「モスライト」の元デザイナー、中山路子が手がける新トウキョウレーベル。ブランド名はスズランを意味するフランス語のmuguet(ミュギュ)と、英語のvei(l ベール)を組み合わせた造語で、“幸せを願う”というメッセージが込められています。やわらかさやリラックスムードを体現したデザインを得意とするだけに、軽い着心地や風に揺れるフォルムがきわだつデイリーウェアが充実。こだわりの小物類も要チェック!

    MUVEIL

  • AALTO
    ― From Paris ―

    AALTO

    アールト

    ブランド名はフィンランド語の“波”が由来。デザイナーの出身地であるフィンランドのカルチャーや伝統をミックスした表現が新しい、注目のブランド。デザイナーは、現ルイ・ヴィトン・メンズチームでデザインをしているトーマス・メリコスキ(Tuomas Merikoski)。毎シーズン予定している写真家とのコラボレーションは、ブランドをより強く表現し、ファッション・デザイン・アートの新しい価値観を提案しています。

    AALTO

  • ROBERT CLERGERIE
    ― From Paris ―

    ROBERT CLERGERIE

    ロベール クレジュリー

    1981年にシューズデザイナーRobert Clergerie(ロベール・クレジュリー)がパリで始めたレディースシューズブランド。パリ、ロンドン、マドリッド、ブリュッセル、LA、NY と世界各国にブティックがあります。その特徴は品質の高さ。シンプルで機能的なだけでなく、モードでおしゃれなデザインの靴だからこそ、素材の質や作り自体のよさが重要で、パリジェンヌからも高い支持を得ています。

    ROBERT CLERGERIE